構造の分解と回復

機械的荷重をかけることによって起こる構造の変化または遷移。時間依存の挙動で、せん断荷重をかけている間は構造強度が低下し、その後の静止時に、ある程度の速度で構造が回復します(「チキソトロピー」参照)。

参考文献

  • MEZGER, Thomas G.: The Rheology Handbook.Vincentz Network, Hanover. 2014 (4th edition) (Mezger, T.G. (2014)、レオロジーハンドブック、改訂4版、Vincentz Network、ハノーバー)
  • MEZGER, Thomas G.: Applied Rheology - with Joe Flow on Rheology Road. Anton Paar, Graz. 2019 (6th edition) (Mezger, Thomas G. (2019)、応用レオロジー - ジョー・フローと歩くレオロジーロード、改訂6版、Anton Paar、グラーツ)